読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のままに

いつまでも少年のように純粋でいられたら!っと映画「心のままに」のタイトルをパクっちゃいました。趣味を中心に気の向くままに書き綴ろうと思います。

システム手帳 補修

工作 レザークラフト

一週間使ってみての問題点改修。

引き出しの取っ手が抜けちゃって。

 

f:id:tetsu314:20170325222107j:plain

全然ダメって事が解りました。実験では上手い事いってたんですけどね〜。

 

f:id:tetsu314:20170325222106j:plain

んでもって、取っ手部分の左右を軽く叩いて潰してから、0.6mmのマイクロドリルで穴を開けました。

 

f:id:tetsu314:20170325222105j:plain

で!この穴を貫通するように、極小の真鍮釘0.5mmってやつを打ち込みまして。

リベットのように、裏側を潰せば絶対抜けないでしょ。って感じで対応しました。

 

f:id:tetsu314:20170325222104j:plain

出来上がり。これで大丈夫。

 

f:id:tetsu314:20170325222103j:plain

あと、このパイロット プレラ のキャップについてるクリップが邪魔なので、切っちゃいました。クリップなしバージョンとかあるといいのに。

 

f:id:tetsu314:20170325222102j:plain

で、筆箱の中にスッキリ収まりました。これで、サッとしまえてサッと出せる。

消せるフリクションペンが人気ですが、へそ曲がりな俺は、敢えて消せない万年筆です。

ちなみに、ピンクには【山葡萄】、オレンジには【夕焼け】、グリーンには【竹林】とパイロットの「iroshizuku-色彩雫(いろしずく)」シリーズのインクを入れて使用中。

 

今のところ、問題点といえばこの二点くらいかな。

あとは、思ってた以上に重たい。これはどうしようもないかな〜。実はもうちょっと増える予定なので、これで音をあげていられない。

 

 

システム手帳 完成披露

工作 レザークラフト

今週もバタバタでした。やっぱり年度末なので、なんやかんやありますね〜。

月曜の広島出張から始まりました。

この週末も自宅から少しだけお仕事してました。でも、システム手帳は作らなきゃ。いや完成させなきゃ。って気合いを入れて取り掛かりました。

 

f:id:tetsu314:20170319215820j:plain先週報告した例の折れる件は、こんな感じに、「かがり留め」にしてみました。左側は多分表になるので、オレンジ色の糸でワンポイントになるかな〜的な。右側は黒色の糸で留めてみました。

 

f:id:tetsu314:20170319215818j:plain

んでもって、なんとか完成にこぎつけました。ふ〜〜ッ。って大きなため息が出ました。長かったな〜。結局毎週土日の二日づつでしたが、2ヶ月半かかりました。

シンワさんの150mmルーラーは磁石でここに貼り付いてます。

シンワさん是非200mmルーラー作ってくださいよ。穴までで210mmちょっとだと、A5ノートの縦にピッタシなんだけどな〜。この光らないステンレスが最高に使いやすい。

 

f:id:tetsu314:20170319215817j:plain

引き出しをスライドしてみたところ。

上には、UCHIDA のカードテンプレートと付箋紙を入れてみました。

下には、名刺を入れてみました。写真の名刺は、広島の「ビールスタンド重富」の名刺。ちょっと細身な名刺ですが。。。

 

f:id:tetsu314:20170319215816j:plain

木端もざ〜っと 1・2回磨いてこんな感じです。

明日また、仕上げで磨いてラナパー塗ったら本当に完成です。

まだまだな箇所が沢山あって、いろいろ勉強になりました。特に目打ちはなんとかならないもんだろうか。なかなか上手になりません。

 

 

f:id:tetsu314:20170319215815j:plain

あぁ。筆箱をセットするとこんな感じ。

この黒とオレンジが「サンバースト」って感じでなかなか気に入っています。

 

f:id:tetsu314:20170319215814j:plain

結構でかいけど、存在感があってなかなか。

がっちりしてるので、筆箱をセットしてもしなくてもちゃんと立つんですよ。写真はないけど。。。

 
実はまだ、中に入れるものを作らなきゃなんです。
でもちょっと休憩って感じかな〜。使ってみて解る問題点とかあるかな〜。

システム手帳 ドリルで目打ち

工作 レザークラフト

今週こそは、完成させるぞ!と意気込んで続きを始めました。

 

f:id:tetsu314:20170312160251j:plain

引き出しは結局、改造して、一つに名刺が11枚入るようになりました。

でも、設計というか構造上の問題が発覚。

写真のように、引き出しの左側(両方の内側)が折れ曲がちゃってます。かろうじて右側(両方の外側)は折れてませんが。どうしよう。

 

f:id:tetsu314:20170312160250j:plain

あぁ。以前も書いたバインダー金具の緩衝パーツのミミは床革でこんな感じのものを作って対応する事にしました。

 

f:id:tetsu314:20170312160249j:plain

こんな感じです。

ん〜。この折れ曲がってるのどうしよう。

仕方ないので、折れ曲がるものは折れ曲がる仕様だった事にしよう。

って、だったら、ここに薄い革を入れたかったな〜。今更無理。

まだ耐えている外側はなんとか折れ曲がらないように考えねば。

 

f:id:tetsu314:20170312160248j:plain

で、本体の目打ちなんですが、先々週は、厚さ3mmの目打ちで負傷しましたから。今回は厚さが4mmなので、絶対普通に目打ちしてもダメなのが見えていたので、ボール盤に0.8mmのマイクロドリルをつけて目打ちする事にしました。

その昔、I大先生が、手を抜いてドリルで穴開けたって言ってたのを思い出しまして。。。

 

f:id:tetsu314:20170312160247j:plain

でも全然手抜きでは無かった。

目打ちで型をつけて。ドリルでは一本一本穴開けなきゃだし、おまけに、タコの吸盤みたいな穴になっちゃうので、後から菱きりで一本一本補正が必要だった。

 

f:id:tetsu314:20170312160245j:plain

でもって、例のミシン風手縫いで縫いました。

いや〜大変。ミシン風手縫いは普通の倍の時間がかかる。

結局半分しか縫えませんでした。

 

f:id:tetsu314:20170312160244j:plain

外側はこんな感じです。ところどころオレンジ色の糸が顔を出してます。

集中力を持続させるのが難しい。

この縫い方。腕がプルプルしてくるし。

 

f:id:tetsu314:20170312160246j:plain

ちなみに、今回システム手帳の本体からは、このAU CHINOIS (オ・シノワ)の手縫い糸を使ってます。筆箱は例の自分で染めたやつ。

 

残念。今週の完成はならず。でした。

実は本体以外の諸々のパーツも手がつけられていない。

ちょっと構想というか設計が無謀だったかな?ちと反省。

 

システム手帳 引出し

工作 レザークラフト

システム手帳に引出しっていうのも変ですが、他に良い呼び名が思い浮かばないので、

引出しです。でもポケットに入れる引出しなので、上に上げて開けるって感じの引出しです。

 

f:id:tetsu314:20170305175543j:plain

真鍮線#16 をとりあえず6本。

失敗するかもしれないので、予備が2本。

 

f:id:tetsu314:20170305175542j:plain

これをまっすぐにしまして。

転がるくらいまっすぐにするのは、意外と難しいし時間もかかりますが、板に挟んで転がしてある程度まっすぐにしたら、ドリルチャックに咥えさして、回転させながら、ウェス越しに掴んで、まっすぐ引っ張るとうまくいきます。

 

 

f:id:tetsu314:20170305175541j:plain

コの字に折り曲げました。

 

 

f:id:tetsu314:20170305175539j:plain

100mm×70mm のオレンジ君を4枚。

腕もないのに、端から4mmと10mmと設計に問題ありだな〜とつぶやきながら、なんとかくり抜いて。

 

f:id:tetsu314:20170305175538j:plain

こんな感じです。

 

f:id:tetsu314:20170305175537j:plain

ステッチンググルーバーの使い方がまた違うけど、真鍮線を入れる溝を掘りました。

 

f:id:tetsu314:20170305175536j:plain

んでもって、接着。

まだ乾いてないけど、だいたいこんな感じ。

 

f:id:tetsu314:20170305175535j:plain

ちなみに、名刺を入れてみました。

6枚入った。5枚はいればと思っていたので、全然 OK って感じ。

 

ちなみにこの引き出しは、ポケットに差し込む予定。

 

f:id:tetsu314:20170305175534j:plain

 んで、肝心のポケットですが、こんな感じに床は磨いて。ジッポが手元にあったというか、ちょうどいい感じでした。

 

f:id:tetsu314:20170305175533j:plain

全部で4つ。

 

f:id:tetsu314:20170305175532j:plain

ちなみに、ここの木端は磨きにくかったけど、なんとか、こちらはカッターの刃を出さずに鞘の部分で。

 

筆箱ですが、やっぱりうまくいきませんでした。なので4回目のチャレンジをしました。

f:id:tetsu314:20170305175531j:plain

まぁここまでは、前回もうまく言ったんですが、この後なんですよ問題は。

 

f:id:tetsu314:20170305175530j:plain

トレーシングペーパーに印刷した型を貼り付けて、デザイナーズナイフで特に曲線部分を慎重にカットしました。

 

f:id:tetsu314:20170305175529j:plain

ふ〜。

なんとか。思ったように切れました。

 

f:id:tetsu314:20170305175528j:plain

でも縫ったら、シワシワになって革が寄ってしまい下手くそな仕上がりとなってしまいました。

でも、もうこれでいいや。って感じです。

 

f:id:tetsu314:20170305175527j:plain

さて、肝心の本体ですが、黒の革に接着までやっちゃいました。

 

 

f:id:tetsu314:20170305175526j:plain

開いたところ。

来週こそは、完成の報告ができるかな〜。

 

 

後は目打ちしてから、黒とオレンジの糸を使った例のミシン風手縫いして、4辺を断ち切って木端磨き。

なんとかできそうな気がしてきた。

PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT

えへ。

HHK Professional Bluetooth® 買っちゃた。

 

f:id:tetsu314:20170305175428j:plain

もちろん英語キーボード、黒の無刻印。

かっちょえ〜。

 

f:id:tetsu314:20170305175427j:plain

バトンタッチ。

上がHHK Professional 2 (USB版)。

キーボードについてるUSB HUB には大変おせわになりました。流石にBluetooth版にはUSB HUB はついてないね〜。

 

f:id:tetsu314:20170305175426j:plain

で、

黒の刻印キートップを併せて入手しました。

というのも、お古と言っても Professional 2 の使い道はいろいろとあるんだけど、流石に無刻印だと、使い道が限定されちゃうので。

 

f:id:tetsu314:20170305175425j:plain

そんなわけで、全てのキーを入れ替えましたが、あれ〜スペースバーはどっちも無刻印じゃん。変える必要なかった?

まぁ、全部綺麗に掃除していつでも使えるように待機する事にしました。

 

BT買わないって豪語してたんだけど、誘惑に負けてしまいました。

でも、お家の Mac Mini 用です。Mac Book Air でも iPhone SE でも使えましたが。。。

会社のは、Professional 2 で通します。

 

 

システム手帳 ハンドプレス

工作 レザークラフト

金曜日の時点では、「よし!この週末で形にするぞ!」って感じでしたが。。。

目打ちで負傷しまして。。って大体レザークラフトで流血するなんて考えてなかったので、ちょっと凹んでしまいました。

ちょうど、購入したハンドプレスが届いたので、そっちに気がいっちゃって、なのでシステム手帳は、また来週以降に完成が延びちゃいました。

 

f:id:tetsu314:20170226154539j:plain

それでも、中のパーツは全部縫わなきゃ!って気合いを入れて縫いました。

どっちもクリップは、やっぱりクリップなので、懐が狭いけど、こうやって、アッチとコッチを挟んで、最後はどっちもクリップで。

 

f:id:tetsu314:20170226154538j:plain

ふ〜っ!!

全部で、5枚、12列縫い上げました。

 

f:id:tetsu314:20170226154537j:plain

寄ってみるとこんな感じです。

何ヶ所か目打ちに失敗してますので、やっぱり今後の課題です。

 
で!ハンドプレス買っちゃいました。

f:id:tetsu314:20170226154530j:plain

いろいろとネットで調べてストロークが65mmあるってのが最終的な決めてになった「北総システムズ」さんの K-02-65D ってやつです。

 

f:id:tetsu314:20170226154528j:plain

ラムにはM8が15mmほど開いているので、通常はこんな感じでプレス円盤を付けて利用するつもり。この下に目打ちやらポンチやらをセットすれば、いけるんじゃないかな〜って感じ。

 

f:id:tetsu314:20170226154527j:plain

でも、ドリルチャック付けてる人もいる見たいなので、じゃ〜ぁ真似しよう!ってんで、チャック能力13mm ってやつを買ってきました。

 

f:id:tetsu314:20170226154526j:plain

んでもって、分解して、ハンドプレスのラムに付けれるように考えたんですが。いろいろ探したけど構想の組合わせがことごとく失敗。

だったら作っちゃえ!

そもそも、レザークラフトも欲しいものが無いから作るっていうのが、オレ流なので。。。

 

f:id:tetsu314:20170226154536j:plain

真鍮の丸棒 8mm を約25mmに切断しました。

 

f:id:tetsu314:20170226154535j:plain

よく磨いきまして。

 

f:id:tetsu314:20170226154534j:plain

ダイスでM8の雄ねじを切って。

反対側には、4.2mmの穴を開けました。

両方とも約15mmほど。

 

f:id:tetsu314:20170226154533j:plain

んでもって、M5のタップで雌ねじをたてました。

 

f:id:tetsu314:20170226154532j:plain

M8のナットを締めて、ナットと真鍮棒を1.5mmの穴で貫通して、真鍮釘を1.5mmに削ってから通して、最後は叩いて押し込んでから、切って磨きました。

 

f:id:tetsu314:20170226154531j:plain

出来上がり。

 

f:id:tetsu314:20170226154529j:plain

こんな感じでハンドプレスのラムに装着。

使う機会あるかな〜。

 

ネジは落下防止が主目的なので、真鍮でも全く問題ないハズ。肝心のプレス時はユニクロムのナットに荷重がかかるけど、多分問題ないハズ。

ちなみに、このハンドプレスの耐荷重は 200kgf って事です。

そんなには、荷重をかける事はないと思うけど。。。

 

そうそう、なぜ目打ちで負傷したかと言いますと、打った目打ちが抜けなくって。革を傷つけないようにとアルミアングルを置いて左手で押さえつけながら右手で目打ちを「おりゃ〜」って引き抜いたら、左人差し指の脇に目打ちの刃先がカスリまして、流血してしまいました。

 

来週こそは、完成させるぞ!!

システム手帳 筆箱 やり直し

工作 レザークラフト

先週は東京出張があったりし、慌ただしかったですが、充実した一週間でした。

先週報告した通り、筆箱の一部仕様変更しました。

 

f:id:tetsu314:20170219143708j:plain

まず、上部の接着を剥がしました。

 

f:id:tetsu314:20170219143707j:plain

んでもって底部分にポンチで6箇所穴を開けました。というのも、やっぱり磁石とステンレスより、磁石と磁石の方がしっくりきたので、磁石を埋め込もうかと考えた訳です。

 

f:id:tetsu314:20170219143706j:plain

黒の0.5mm厚の端材をこんな感じの三角形に切り分けまして。

 

f:id:tetsu314:20170219143705j:plain

内側からポンチ穴を塞ぐように貼り付けました。

 

f:id:tetsu314:20170219143704j:plain

裏側は、こんな感じに磁石を埋め込みました。

 

f:id:tetsu314:20170219143703j:plain

んでもって、上部ですが、こちらも磁石を埋め込む為に、構造変更です。

 

f:id:tetsu314:20170219143702j:plain

床革にご覧のようにポンチ穴を開けました。

 

f:id:tetsu314:20170219143701j:plain

んでもって、0.5mm厚のオレンジ君を貼り付けました。

 

f:id:tetsu314:20170219143700j:plain

前回は、目打ちするのをためらいましたが、今回はこの時点で、目打ちしました。

 

f:id:tetsu314:20170219143659j:plain

んでもって、大きく開口部を開けました。

綺麗に切り取れなかったです。最後のヤスリ掛けと木端磨きでどこまで整形できるかですが、まぁ良しとします。

 

f:id:tetsu314:20170219143658j:plain

んでもって、ステンレスを10mm幅に切りまして。

 

f:id:tetsu314:20170219143657j:plain

こんな形に折り曲げました。

 

f:id:tetsu314:20170219143656j:plain

んでもって、中央部分にたわみ防止のツッパリにしました。意外に上下4つの磁石にくっついてしっかりしてるように感じます。

 

f:id:tetsu314:20170219143655j:plain

でっかい開口部の端材。むっちゃ勿体無いのが、3枚になりました。3回目の作り直しって事ね。本当に勿体無い。

中敷きにしちゃえ!ってんで。

 

f:id:tetsu314:20170219143654j:plain

こんな感じにしました。仕切り板はアルミアングルを切って挟み込んでます。

 

f:id:tetsu314:20170219143653j:plain

まだ、縫ってませんし、木端も断ち切ってないので、磨きも含めて、沢山作業が残ってますが、とりあえず中身を入れて見る事にしました。

 
この後、菱キリで目打ち穴に合わせて穴を開けながら縫っていく予定。その後、システム手帳本体と組み合わせて、エッジが面一になるように断ち切ってから磨くって感じかな〜?
 

ところで、システム手帳は、いつになったら完成するんだろう?

今月中にはって考えてましたが。って来週しかないじゃん。

 

 

システム手帳 ボディー(サイドパーツ編)

工作 レザークラフト

今週はむっちゃ寒い日が続きましたね〜。

多分インフルエンザで病院混んでるんだろうな〜って思いながら、いつもの医院に出かけましたが、休診でした。

ん?院長先生インフルエンザかな〜?

早く良くなってくださいね〜。

んで!今週はシステム手帳のサイドパーツ制作です。

 

f:id:tetsu314:20170212224736j:plain

厚紙に印刷した型に合わせて、厚めの床革を左右分2枚準備しまして。

 

f:id:tetsu314:20170212224735j:plain

ご覧のように真ん中をくり抜きました。

ポケットになる予定。

 

f:id:tetsu314:20170212224734j:plain

あと、同じ厚さの床革のエッジを斜め漉きしまして。

 

f:id:tetsu314:20170212224733j:plain

4つのポケット予定部分の上部に仮止めしてみました。

 

f:id:tetsu314:20170212224732j:plain

んでもって、0.5mmのオレンジ君を。

って、良く見ると全部オレンジ君でした。

接着しました。サイドパーツの更に外側にサイドエンドパーツが写ってますが、それも制作しました。

 

f:id:tetsu314:20170212224731j:plain

銀面側はこんな感じです。

右側の方が色が濃いのは、光のせいではなく、もともとそんな感じです。

 

今週は、もっと進める計画だったんだけど、筆箱を一部制作し直したり、小物パーツに気が散ったりで、思ったようにいきませんでした。センターパーツもまだ縫ってない。

 

そうそう。8mmポンチが2mm厚の革に歯が(刃が?)たたず、ホームセンターに買いに走りました。やっぱり日本製じゃなきゃってんで、手にしたポンチの裏側に「兵庫県三木市」の文字。おぉ〜「三木刃物やね〜、鋼も職人も一級品のハズ」ってんで。即決。

システム手帳 ボディー(センターパーツ編)

工作 レザークラフト

金曜日は節分でしたので、今年も恵方巻を作って食べました。

恵方巻は絵にならないので、写真は無しです。

さて、いよいよシステム手帳のボティ部の制作に取り掛かりました。

 

f:id:tetsu314:20170205161656j:plain

内側全面で使う0.5mm厚のオレンジ君を切り出しました。

でも今週は真ん中のセンター部分だけです。

 

f:id:tetsu314:20170205161655j:plain

設計はいつものようにtgifで行いました。

 

f:id:tetsu314:20170205161653j:plain

裏側用に床革も切り出して、折しろを斜めに漉きまして。

 

f:id:tetsu314:20170205161654j:plain

センター部のセンターを出すのに、銀面やら床面やらに銀ペンで線を入れまして。

 

f:id:tetsu314:20170205161652j:plain

まず、センターのセンターを接着しました。

 

f:id:tetsu314:20170205161651j:plain

んでもって。サイド部に8mmのポンチで穴開けまして。

 

f:id:tetsu314:20170205161650j:plain

接着した後。

直径8mm 厚さ1mmのネオジム磁石を6つご覧のように埋め込みました。

 

f:id:tetsu314:20170205161649j:plain

その後、銀面側から3mmポンチで、バネホック用の穴を開けまして。

ホックを取り付けました。

 

f:id:tetsu314:20170205161648j:plain

裏側はこんな感じです。

 

f:id:tetsu314:20170205161647j:plain

面側はこんなんです。

このあと、両サイドを手前に折って、型をつけました。

 

f:id:tetsu314:20170205161646j:plain

でもって、今回から登場のヨーロッパ目打ち。

目打ちって。むちゃくちゃ緊張する。

まだまだだけど、ちょっとは上達したかな?

 

今週はここまで。

立春も過ぎて、寒を脱けました。

あちこちから梅の香りが漂う季節で、春近しって感じですね。

お彼岸までは、まだまだなので、皆さんお風邪など召されませんように。

 

f:id:tetsu314:20170205161645j:plain

ちょっと、考えてる事があって、実験。

床革の端材を使って、抜き型を2つ組合わせて、こんな形を抜いてみました。

 

 

f:id:tetsu314:20170205161644j:plain

ピッタシ。

microSD を数枚。システム手帳に装着できるように検討中。

 

システム手帳 バインダー部続編

工作 レザークラフト

システム手帳のバインダー部続編です。

 

f:id:tetsu314:20170129181456j:plain

カタがついてるので判るように、バインダー金具の緩衝部(バッファ)として、ある程度大きく耳を付けていましたが、内側に曲がって中に閉じたリフィルが開き難い事が判ったので、この耳を切っちゃう事にしました。

緩衝部は改めて考える事にして。

というか、なんとなくもうイメージできてますが。。。

 

f:id:tetsu314:20170129181455j:plain

四隅は、6mmの丸ノミでザクッ!っと落としまして、アールをつけました。

改めて測ってみて初めて知りましたが、6mmの丸ノミって刃渡りの直線距離が6mmなんですね。丸ノミだから、半径とかかな〜って勝手に思ってました。

 

f:id:tetsu314:20170129181454j:plain

こんな感じです。

ちょっとだけ食い込んじゃいましたが、これくらいなら全く問題なし。

 

f:id:tetsu314:20170129181453j:plain

その後、ヘリ落としで木端を整えてから、コバ磨きしました。

 

f:id:tetsu314:20170129181452j:plain

こんな感じに仕上がりました。

だいぶスッキリ出来上がり満足しています。

 

f:id:tetsu314:20170129181451j:plain

で!例の無骨なやつにくっつけてみました。

いい感じです。

 

f:id:tetsu314:20170129181458j:plain

クラウゼのバインダー金具だと、必然的に手帳の背が丸くなっちゃう事が判ったので、パタンっと、全開で開けるように考えた末のホック作戦も、効果がなんとなく解ってもらえるかも。

てッ云うか。腕が未熟なので、別々にパーツパーツで作れた方が、やり直しにも向いてるし。

 

 

 

 

f:id:tetsu314:20170129181457j:plain

今週は最悪の一週間でした。

まぁ月曜の朝からお客様のところにお詫びに行くところから始まりましたからね〜。

週の後半は歯痛で顔も腫れるし。

まだ、本調子じゃないけど、システム手帳作りはコツコツ進めなきゃてんで。少しだけトライしました。ん〜先は長そうだ。

で。これは昨晩のご飯のおかず。

お粥さんでしたから。こんな感じでした。

でも、鰹節は削りたて。

インフルエンザが猛威をふるっているみたいです。

こんな時は、泣きっ面に蜂って事にならないように気をつけなきゃです。

皆さんもご自愛くださいませ。

来週は皆さんにとっても良い週になりますように。

 

システム手帳 バインダー金具

工作 レザークラフト

バインダー金具を入手できました。

バインダー金具は、クラウゼのA5薄型です。

 

f:id:tetsu314:20170122143549j:plain

型番?は、"210-6-16"っていうやつを通販で購入しました。210 はA5サイズって事らしい、6は6穴用で16はバインダー部の内径らしい。

でも各サイズが必要だと思って、概略設計図を起こしました。写真にないけど裏側の穴の位置も測りました。

 

f:id:tetsu314:20170122143548j:plain

んでもって、0.5mm 厚の黒のブッテーロに型紙を貼り付けて、そのまま、型抜きを組み合わせて穴開けようとバイスに挟んで穴開けたんだけど、ズレまくりで、大失敗でした。

 

 

f:id:tetsu314:20170122143547j:plain

ちょうど良いんじゃね〜。

って取り出したのは、腕時計の裏蓋プレス。

お〜。いい感じ〜。

 

f:id:tetsu314:20170122143546j:plain

とまぁ。こんな感じで穴開けまして。

裏側は、床革を使う事にしました。

 

 

f:id:tetsu314:20170122143545j:plain

後からは目打ちできないだろうな〜。って所は、先に目打ちしてから。

バインダー金具に両面テープを貼って。

 

 

f:id:tetsu314:20170122143544j:plain

慎重に。貼り付けまして。

 

f:id:tetsu314:20170122143543j:plain

バインダーの留め金具をカチッ!っと留めまして。

 

f:id:tetsu314:20170122143542j:plain

裏側の床革には、ギボシタイプのホックを5つ付けました。

何故ホックなのかは、また後日。

って。実験も兼ねてるので、成功すればいいけどね〜。

 

f:id:tetsu314:20170122143541j:plain

そして、接着して縫いました。

エッジ処理は、また来週って感じやね。

今週はここまで。

 

 
 
って。ここまでやって。ホック付けたら、バネホック側を付けて見たくなったので、オレンジのだいぶ厚目の床革を引っ張り出しまして。
 

f:id:tetsu314:20170122143540j:plain

こんな感じに、ムッチャ適当にバネホック付けて見ました。

 

f:id:tetsu314:20170122143539j:plain

パチッ!パチッ!っと留めまして。

完成〜。

 

f:id:tetsu314:20170122143538j:plain

無骨(武骨?)な感じは、これはこれであり?

って感じだけど、俺には似合わなさそう。

 

 

でももう、1月22日でしょ。

手帳のカレンダーが進んでいってしまうので、明日から取り敢えずこれで使って見ようかと。。。

 

 

 

十日戎の週

今週はいろいろと、慌ただしい一週間でした。

10日は、十日戎だったので、お客様の所へ新年の挨拶に行ったついでに、西宮神社にお詣りに行きまして、11日は業者さんが見えられて、12日は東京へ日帰り出張でした。13日は朝から神戸市役所のお客様のところにサポート訪問しまして、夜は会社の新年会でした。

 

f:id:tetsu314:20170114231811j:plain

f:id:tetsu314:20170114231810j:plain

 

f:id:tetsu314:20170114231809j:plain

今年は、チーム4人でお詣りしました。

赤門って言うんだっけ。ブッテーロのオレンジ革色の朱門が眩しい。

立ち止まる事は少なかったですが、さすがに混み合っていました。

お詣りした後、笹を買って、おみくじひいて、はし巻きとやらと、焼きとうもろこしと、ぶどう飴を3人にご馳走になった後、少しお酒をひっかけて帰りました。

今年も良い年になりますように。

 

f:id:tetsu314:20170114231808j:plain

12日の東京出張。

別に、ここで打ち合わせだった訳じゃないんだけど、ワールド・トレード・センターって事で、思わず写真撮っちゃいました。

浜松町からお客様のところまで歩いて行く途中にあった世界貿易センタービル

 

この後、お客様と新幹線で呑みながら帰った後、少し呑み足りないって事だったので、園田の「まん丸」にお連れしました。

「きあら」を半身はお造りで、半身は炊いてもらって、アラをお味噌汁でっていつものパターンで食べました。

 

明日は日曜日ですが、朝からお客様のところで、電源工事の対応です。

なので、システム手帳作りは来週ですね。

 

システム手帳 筆箱 続編

レザークラフト 工作

昨日の続きの筆箱の制作です。

 

f:id:tetsu314:20170109170017j:plain

まずは目打ちしまして。

まだまだ、下手くそです。

でもできるだけ多くの目がある目打ちを使って縦位置で合わせて打つとまっすぐ打ち込めるらしいので、それに習って打ってみました。最初少し曲がっちゃいましたが、だんだん慣れてきたのか、最後の方はいい感じになりました。

 

f:id:tetsu314:20170109170016j:plain

でもって、例の糸を使って、どっちもクリップに挟んで、縫い上げました。

 

f:id:tetsu314:20170109170015j:plain

トップパーツの下準備です。

銀ペンで線を引いて。

 

f:id:tetsu314:20170109170014j:plain

四隅にアールをつけるために、6mmのポンチで穴開けて。

 

f:id:tetsu314:20170109170013j:plain

カッターでこれを繋げてこんな感じで大きな穴を開けました。

 

f:id:tetsu314:20170109170012j:plain

んでもって接着しました。

真ん中がたわんでいるのは、想像とおり。

 

f:id:tetsu314:20170109170011j:plain

でもって、金属加工です。

いつもだったら間違いなくアルミなんですが、今回は0.5mm厚のステンレスの板です。

ステンレスは磁性のあるSUS430を選択しました。アルミは磁石にくっつかないしね。

でも0.3mmくらいがよかったんだけどな〜。

 

f:id:tetsu314:20170109170010j:plain

バイスに挟んで、エィ!っと力技。

 

 

f:id:tetsu314:20170109170009j:plain

こんな感じです。

ベンダー欲しいな〜。

ベンダーなら、もっと綺麗に曲げられるんだろうな〜。

 

f:id:tetsu314:20170109170008j:plain

んでもって、真ん中のたわみを中から支える芯にしました。

そして、これが、磁石につくので、ムフフフフ。

 

f:id:tetsu314:20170109170006j:plain

黒の床革で、中敷を作りました。

 

 

f:id:tetsu314:20170109170005j:plain

中に入れて、こんな感じです。

このトップパーツに綺麗に目打ちする自信が全くないので、このままにしようかと考え中です。

四隅の立ち切りとか、木端磨きとかあるけど、だいたい完成かな。

 

f:id:tetsu314:20170109170004j:plain

中身を入れてみました。

こんな感じです。短辺は50mm、長辺は230mm

そして高さは24mmです。

システム手帳に挟んで収まるように考えていますが、さてどうなることやら。

 

f:id:tetsu314:20170109170007j:plain

ちなみに、裏側はこんな感じ。

上の方は、縫い目がガタガタしてますが、下の方は結構まっすぐ縫えました。

 

さて、来週から本格的にシステム手帳に取り掛かりたいけど、バインダー金具がまだ入手できてないんだよな〜。

 

 

システム手帳 筆箱

レザークラフト 工作

もう8日ですが、
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

「そうだ!システム手帳を作ろう!」って暮れに思い立ちまして、密かに設計を進めてました。そして、コインパースとお揃いのウォレットの制作をほったらかしにして、システム手帳制作に取り掛かりました。

まずはじめに、筆箱の制作です。

筆箱?って。いやシステム手帳ですから。筆箱は必須でしょ。ね。

 

f:id:tetsu314:20170108174207j:plain

厚さ1.5mmに漉いてもらっていたブッテーロのオレンジ革を引っ張り出してきまして。

あと、厚さ1.0mmに漉いてもらったのも使う。

筆箱はオレンジ一色の予定。中敷きは黒にするかもですが。。。

 

f:id:tetsu314:20170108174206j:plain

とりあえず、端っこから革鋏で切り出して。

 

f:id:tetsu314:20170108174205j:plain

型紙なしですが、シャ〜。シャ〜。ってカッターで切り分けました。

下の2枚のパーツは厚さ1.5mmで、天地部分。

上の4枚のパーツは厚さ1.0mmで、四方の壁部分です。

 

f:id:tetsu314:20170108174204j:plain

四方の壁部分を、大小マスキングテープで連結しまして、曲げしろ部分をステッチンググルーバーで溝を入れて曲げやすくして。

銀ペンで線を引いてみたけど意味なかった。

 

f:id:tetsu314:20170108174203j:plain

銀面にもステッチンググルーバーで溝を入れました。こちら側はステッチのための溝です。

 

f:id:tetsu314:20170108174202j:plain

その後、床面をトコノールで磨きまして。

 

f:id:tetsu314:20170108174201j:plain

曲げしろで折り曲げまして。

 

f:id:tetsu314:20170108174200j:plain

接着!と4面を順に接着しました。

 

f:id:tetsu314:20170108174159j:plain

こんな感じです。

とりあえず、四方の壁は接着しました。

この後、目打ちして縫う。って感じです。

ご覧のように、長辺は底と面一になるように、短辺は後から切り落とそうかと考えています。

 

筆箱っぽくなってきたけど、この上が難しいよね多分。

ん〜〜。悩みながら(設計変更しながら)進めて行こうかと。。。

 

監獄レストラン

お食事処

金曜日はお客様と忘年会でした。

昨日の土曜日は酒が残ってて、フラフラしてました。

今回のお店は「監獄レストラン」でした。

 

f:id:tetsu314:20161218142201j:plain

エレベータを降りると、クリスマスツリーがお出迎え。

 

f:id:tetsu314:20161218142200j:plain

「Merry Christmas」とあるあっちが「入所口」って書いてある。

 

f:id:tetsu314:20161218142159j:plain

で、こっちが「出所口」らしい。

と!!

いつもは制服看守の方が、サンタモードでいきなり登場。

顔出ちゃってますが、ブレブレなので、許してください。だって突然出てくるんだもん。

 

 

f:id:tetsu314:20161218142158j:plain

その後、即逮捕されまして。

監獄内を連行されて、房に入れられました。

 

 

f:id:tetsu314:20161218142155j:plain

危ない薬を乳鉢で潰してから混ぜて呑むんだとか。

何の薬かと思って、覗き込んでみたら、オレオ潰してました。

 

f:id:tetsu314:20161218142157j:plain

「人体実験カクテルセット」とやら。

5種類のフレーバシロップが試験管に入ってて、ピペットでビーカーに移して、三角フラスコに入ったサワーで割って自分流にアレンジして楽しめるカクテルセット。

ワクワクしっ放しでした。

楽し〜ね。こんなの。

最後は、試験管にサワーを入れて飲んじゃいましたが。

 

 

f:id:tetsu314:20161218142156j:plain

こちらは「電気ショック」カクテル。

だったかな?

こちらも甘かったけど、アルコール度数は80度だって!!スピリタスベースのカクテル。

 

 

f:id:tetsu314:20161218142154j:plain

モンスターが訪れる時間があるとか。

しかも毎回違うらしい。

この日は、お化け屋敷風のモンスター出現。

 

f:id:tetsu314:20161218142153j:plain

食事も真面目に美味しかったですが、写真とるの忘れてたので、この一枚だけ。

パエリア鍋に盛り付けられたオムライス。

注射器に入ったケチャップが添えてありました。

 

 

 

f:id:tetsu314:20161218142152j:plain

最後に、出所祝いだとか。

デザートのコーヒーゼリー。

ん〜?なんかお化けの顔なのかな〜?

 

 
保釈金の徴収があり、無事保釈っていうか釈放。いや〜。ムッチャ楽しかったです。

その後、全員二次会へ。カラオケボックスで、おしゃべりしてました。ちょっと真面目に、プリント配布したりして、仕事の話も少しだけしました。

 

お客様には、お気使いいただき、毎回、趣向を凝らした企画で楽しませていただきましてありがとうございます。また来年も引き続きよろしくお願いいたします。