読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のままに

いつまでも少年のように純粋でいられたら!っと映画「心のままに」のタイトルをパクっちゃいました。趣味を中心に気の向くままに書き綴ろうと思います。

ローバックバケット

MINI レストア

 

シートのウレタン入れ替え後編。 まずは、マットレスをシートに合う大きさに切り分ける作業だが、取り敢えずシートの左右のフレームに巻き付ける長さを計測し、切断!! ウレタンを切るには「ウレタンフォームカッター」なるものがあるようだが、のこぎりで代用。 切りくずはかなりでるが、しょうが無いかな。切ってみると、中は白っぽく外側に向かって段々焼けた黄色で、なんだかスポンジみたいで美味しそう。ん〜? "スポンジ" だ。

切り終えて巻き付けてみると、ちょっとボリュームがありすぎる。へたってるから大丈夫かなと思っていたが、流石厚さ7cmのマットレス。 はち切れそうなパンパンシートになりそうなので、厚さ5cm程度にスライスする事に。

 

行程1 こんな感じで左右に一気に巻き付ける事に、そもそもばらした時に粉々だったので、オリジナルがどんな感じか全く判らない。まあ仮止め状態で座ってみてこれで良いかな。っという事にしました。

 

行程2 背もたれには、ちょっと堅めのおニューのウレタンフォームを、上部は後ろに曲げれる感じで。

 

行程3 んっでもって、表皮をかぶせて、下側に引っ張りながら、蝋引き糸で、ひたすら縫い込んで。縫い目が揃ってないけど、まぁこんなもんかな〜。

 

行程4 背もたれ部の表皮は、これまた下に引っ張りながら、こちらは牛革で補強して蝋引き糸で三点止め。

 

行程5 最後に座面の後部を止めた後、座面の前側を、シート裏に巻き込んで、これまた蝋引き糸で、かがり縫い。

 

行程6 できあがり。まぁこんなもんでしょう。 完璧とまではいかないが、取り敢えずできました。 本革で作るとしたら、ハトメをつけてシート下で靴ひもみたいに結ばなきゃ難しそう。目打してても一針一針縫い込むのは難しい感じがした。

 

行程7 今回大活躍した、蝋引き糸、手縫い針と曲がり手縫い針。左右の親指と人差し指が痛い。

 

2脚でまる一日かかってしまった。11時から23時までだから、ちょうど12時間だけど。 明日レールをつけて、車に戻して座りごごちを確かめよう。その前に部屋の掃除だな。