心のままに

いつまでも少年のように純粋でいられたら!っと映画「心のままに」のタイトルをパクっちゃいました。趣味を中心に気の向くままに書き綴ろうと思います。

アクリル樹脂色付け実験

エポキシ樹脂の情報はネットでも比較的多いんですが、アクリルって板とかの加工情報はあっても、樹脂についての情報は少ないです。
性質的にはアクリルの方が良いと思うんだけど,なんで少ないんだろう?
アクリルは、透明度がガラスより高く、軽い。なにより加工がしやすく、しかも耐候性に優れている。
欠点は、熱に弱い、有機溶剤に溶け、擦れなどキズがつきやすいって事ですが、
言い換えると、温めて曲げる事ができて、溶かして接着できて、磨いて綺麗にできるって事です。いろいろ調べてみましたが、どうやらアクリル樹脂は硬化時に痩せるみたいです。という事は、キャスト成形する時、型と同じ大きさにはならないって事で、これは最大の欠点のような。それで人気薄なのかな〜。
値段的にはエポキシ樹脂もアクリル樹脂もそんなに変わらない気がするんですが。

f:id:tetsu314:20160503223825j:plain

なぜ、アクリル樹脂にこだわっているかというと、愛用のゼロハリ(Sシリーズ)のハンドルが多分アクリルで、もう10年以上使っていますが、ハンドルの劣化が全くないところに魅力を感じている訳です。

以前使ってたちょっと大きめの 旧SLシリーズも10年くらい使いましたが、アクリルハンドルじゃなかったからか、もげてしまいました。

鞄って、どうしても取っ手の部分が痛みやすいじゃないですか。

革鞄で、経年変化を楽しむっていっても、取っ手だけ先に年をとるでしょ。
そして取っ手だけ交換するとバランスが悪くなるし。

f:id:tetsu314:20160503223826j:plain

んで、取っ手の劣化がないゼロハリを見習おうかとアクリルハンドルを検討してるんです。
CHANEL とかトートに、べっ甲柄のハンドルをバランス良くデザインしてるのがあるけど、理にかなってると思ってる。
ビジネス革鞄に、透明感のあるアクリルハンドルを合わせてみたい。
まぁ。僕はデザインできないので、ゼロハリのパクリっぽくなると思うけど。。。
そんな事を計画中です。強度も重要だしね。

 

そこで、まずは色付けの実験から。。。
透明感を損なわない色付けができるか?
意図的な色むらを表現できるか?
濃い色付けでも透明感を残せるか?

f:id:tetsu314:20160503223827j:plain

アクリル樹脂の色付けなんかネットに情報無いし。
水溶性の塗料はあかんでしょ!たぶん。
って事は炭化水素系溶剤を必要とする油性塗料。ペンキ?などと、塗料の事をいろいろ(^^;)考えた訳です。
んでもってホームセンターの塗料売り場をプラプラしてたら、プラモデルに塗るプラカラーを発見。
成分をみたら「合成樹脂(アクリル)」って書いてあるし、相性いいんじゃないの〜って事で透明そうなクリアーオレンジってやつを購入。

 

f:id:tetsu314:20160503223828j:plain

型ですが、ゼロハリのハンドルの型を取ってもよかったんですが、シリコーン型を作るのに2日がかりでしょ。
色の実験だし、100均で売ってたお菓子用の出来合いのシリコーン型にしました。

 

f:id:tetsu314:20160503223829j:plain

泡だらけですが、4時間後、見た目はグミっぽく色付け出来ました。濃く色付けしたものは硬化してませんでした。
わざと色むらを付けるには、濃さの違うものを型内で同化させるなど行程を工夫しなきゃダメみたいです。あと、確かにひどく痩せてしまい、これまた工夫が必要そうです。
痩せてきたら足せば良いのかもしれません。

 

f:id:tetsu314:20160503223830j:plain

使ったアクリル樹脂はこちら、100g に対して硬化剤が0.2gとむっちゃ少ない。
UVレジンやウレタン樹脂は使った事あったけど、今回アクリル樹脂に初挑戦しました。
感想としては、ちょっと臭いがきついな〜っていう感じ。

 

ゼロハリのハンドルの型を取ってやってみようかな〜。