心のままに

いつまでも少年のように純粋でいられたら!っと映画「心のままに」のタイトルをパクっちゃいました。趣味を中心に気の向くままに書き綴ろうと思います。

アクリル樹脂でゼロハリのハンドル

そうそう。

結局ゼロハリのハンドルで型を取って、

アクリル樹脂を使ったハンドル作りにチャレンジしました。

 

f:id:tetsu314:20160507111005j:plain

油粘土にゼロハリのハンドルを埋めて、ダボ穴を空けまして、ここにシリコーン樹脂を流し込んで型取りします。

 

f:id:tetsu314:20160507111006j:plain

片側ができたら、油粘土を剥がしたあとに、シリコーンバリアーとやらを塗ってもう片方にシリコーン樹脂を流し込んでっと。

 

f:id:tetsu314:20160507111007j:plain

まぁ、ここまでは良い感じですが、ここからが大変なんだよね〜。

 

f:id:tetsu314:20160507111008j:plain

3時間毎に、右下、左下、そして上からと3回に分けて樹脂を流し込んでみました。

最後に上から流し込んだところです。

上からは、クリアオレンジとクリアレッドの色付けした樹脂も入れてみました。

 

f:id:tetsu314:20160507111009j:plain

完成〜。

なんじゃこりゃ〜。って感じ。

痩せていく過程で表面がシワシワになってます。

圧力をかけなきゃって事だろうか?

都度、こしてから入れたので、内部に目立った気泡は無いものの、表面がシワくちゃ。

 

f:id:tetsu314:20160507111010j:plain

色むらは、悪くないけど、やっぱシワくちゃです。

磨いてみようかと思いましたが、磨いて取れるシワのレベルを超えている感じです。

やっぱり、硬化中に空気に触れる面積を少なくしなきゃダメって事だと思います。痩せるから足す作戦は見事に失敗でした。

最初に入れた根元部分は比較的シワが少ないし、痩せる分も見越して、樹脂を流し込まなきゃって事ですかね〜。

 
それでも、色付けはしてみたいんだよね〜。
という事で、早速リベンジ作業に取りかかりました。
まぁ、何事も挑戦して失敗してみるのがオレ流ですから。失敗ばかりですが。

 

もうGWも終わりですね〜。

いつだったか、CAFE Rosso から帰ってきた日だったか?
遅ればせながら、タケノコゆがいて食べました。
タケノコご飯&若竹煮。もう最後のタケノコですよね。ちょっと堅め。

f:id:tetsu314:20160507111011j:plainf:id:tetsu314:20160507111012j:plain