心のままに

いつまでも少年のように純粋でいられたら!っと映画「心のままに」のタイトルをパクっちゃいました。趣味を中心に気の向くままに書き綴ろうと思います。

コインパース改造

先週、先々週とお仕事が忙しく、更新をサボってました。

んでもって、今週は制作から、ちょうど半年経過したコインパースの改造報告です。

 

f:id:tetsu314:20161210175456j:plain

これです。

半年使ってみた感想だと、コインを掴み難い以外に構造的問題はなく、全体的に使いやすい。

コインを出し難いのは致命的?

掴み難いのは、平らな場所のコインを拾い難い理由と同じで、硬い革だからなのですが、なんとかならないか検討中です。

 

 

f:id:tetsu314:20161210175457j:plain

あとデザイン的な問題?としては、このオレンジ色の縫い目が主張し過ぎ!!

不揃いな目が目立っていかにも手作りっていうのが、ず〜っと気になってました。

シンプルさが損なわれてるし。。。

 

f:id:tetsu314:20161210175458j:plain

半年で、こんなに汚れてましたので、できるだけ拭いてみましたが、床面はあんまり変わらずでした。

 

f:id:tetsu314:20161210175459j:plain

コインの出し難さを少しでも解消する為に、オレンジ色のフェルトを入れてみる事にしました。応急処置的な。。。

 

f:id:tetsu314:20161210175500j:plain

こんな感じです。

 

f:id:tetsu314:20161210175501j:plain

縫い直そうと。オレンジ色の糸をとりあえず外しました。リッパーで、縫い目部分を拾いながら、ちまちま外しまして。

かなりリッパー痕がついちゃいました。

 

f:id:tetsu314:20161210175502j:plain

上糸(オレンジ色)と下糸(黒色)というように、ミシンのようにとチャレンジしました。

手縫い用のこんな道具もあるようですが、ミシン針で良いんじゃないの〜とトライしましたが、難しいのでこの方法は途中で断念しました。

 

f:id:tetsu314:20161210175503j:plain

いろいろと考えた末に、普通のレザー用針で縫いながら、下糸を拾っていく方法にしました。

でも、普通に両糸を左右でキュッっと引っ張ると糸が切れるので、テンションの掛け方が難しかったです。

糸が穴を通る回数を少しでも減らしたかったので、真ん中から縫い始めました。

 

f:id:tetsu314:20161210175504j:plain

こうやって。

完全に手前に縫った後。

 

f:id:tetsu314:20161210175505j:plain

折り返して、同じ穴に針を通して。

 

f:id:tetsu314:20161210175506j:plain

黒の下糸を拾って、力加減に注意しながら、下糸を穴に引き込んで、縫い込んでいきました。

ん〜。ミシンって凄い。って改めて関心しました。このテンション具合。いわゆる糸調子ってやつをどうやってコントロールしてるんだっけ。って。結局まだ縫ってない方の糸を引っ張り合うんだよね〜。とか考えながら。

 

f:id:tetsu314:20161210175507j:plain

んでもって完成。

ちょっとだけ油分補給したりしましたが、傷はなかなかとれませんでした。

 

f:id:tetsu314:20161210175508j:plain

裏側はこんな感じです。

不揃いな下手くそな目が判り難くなって、スッキリしました。

傷は裏側の方が激しい。このカードポケット用の革、薄いからね〜。あッ!この革だけ交換すればよかったかな?

 

 

今回、ミシン風手縫いの感覚も解ったので。そろそろ、お揃いの札入れに取りかからねば。という感じです。

実は完成までに、4回ほど途中で糸が切れて、その都度、全部ほどいてやり直ししました。そこで解ったのは、ミシン目って、実は解け難いんですね。糸が絡んでるだけと思ってましたが、その絡みが意外にヤる。問題は糸調子でした。