心のままに

いつまでも少年のように純粋でいられたら!っと映画「心のままに」のタイトルをパクっちゃいました。趣味を中心に気の向くままに書き綴ろうと思います。

トートバッグ 一気!

GWも今日までです。

この休みはブログ更新をサボってましたが、ズーッと革のトートバッグを作ってました。結局完成には至りませんでしたが、この休み中の作業工程を記録しとこうかと。。。。。

 

f:id:tetsu314:20170507190751j:plainまずは、パーツの準備から。

幅30mm、長さ約600mmの帯を切り出して。

 

f:id:tetsu314:20170507190750j:plain

センターマーキングしまして。

 

f:id:tetsu314:20170507190749j:plain

美錠抜きでこんな感じに穴を開けて。

 

f:id:tetsu314:20170507190747j:plain

全部で4つのベルトバックルを付けました。

真鍮製のもっと小さいのを探していたんですが、ループ作るの面倒だし、この一体型にしました。

一体型だとどうしても大きくなっちゃいます。

 

f:id:tetsu314:20170507190802j:plain

で。バッグのボディ用に切り出した茶色のブッテーロ。

 

f:id:tetsu314:20170507190801j:plain

センター位置決め用にダンボールを固定してから、例のベルトバックルを貼り付けまして。

これを縫いつけました。

 

f:id:tetsu314:20170507190800j:plain

2枚のボディ部の裏側はこんな感じです。

色が変わってるところだけ床磨きしています。

磨いてない箇所は接着予定。

 

f:id:tetsu314:20170507190759j:plain

開口部の裏側に貼る革は切り落としの端材をそのまま使う事にしました。

何だかオレンジ君っぽい色だけど茶色だよ。

 

f:id:tetsu314:20170507190758j:plain

これにドットホックを70mm間隔で取り付けて。

 

f:id:tetsu314:20170507190757j:plain

ボディパーツの開口部に接着して、上部だけ縫いました。(写真は縫う前)

 

f:id:tetsu314:20170507190756j:plain

下部の両端はこうやって中に織り込んで縫いました。

 

f:id:tetsu314:20170507190755j:plain

2つのボディパーツを内側から接着して縫えば良いかな〜。って。

写真は、接着前に躾糸で仮止めしてるところ。

 

f:id:tetsu314:20170507190753j:plain

で接着しました。

お〜。それっぽい。

 

f:id:tetsu314:20170507190752j:plain

側面と底面はこんな感じです。

まだ縫ってない。

 

f:id:tetsu314:20170507190811j:plain

で、またまた黒の帯を切り出しました。

 

f:id:tetsu314:20170507190810j:plain

セルフィーニテープって奴を貼り付けまして。接着しました。

セルフィーユ?って奴は伸び防止のために取っ手とかベルトとかに使うんだとか。

正しくはセラフィーニテープって云うらしい。(5/8 追記)

 

f:id:tetsu314:20170507190809j:plain

んでもって。

両端をそれっぽく丸めて。

 

f:id:tetsu314:20170507190808j:plain

ネジ捻を引きまして。

 

f:id:tetsu314:20170507190807j:plain

目打ちしました。

 

f:id:tetsu314:20170507190806j:plain

んでもって。

ベルト穴を開けてから。

 

f:id:tetsu314:20170507190805j:plain

白い糸で縫い始めました。

 

f:id:tetsu314:20170507190804j:plain

このGW中に完成させるつもりで、ブログも書かずに頑張ったんだけど、何とか1本は縫いましたが、断念。

まだ、ボディの貼り合わせも縫ってないけど。

 

f:id:tetsu314:20170507190803j:plain

とりあえず。付けてみる事にしました。

ちょっと取っ手のベルトが短いけど、こんな感じなら脱着も簡単だし自由自在でしょ。30mm幅なので安いベルトの入手も難しくないはず。

っていうコンセプトです。

両側にバックルがついてるので、持ち方によってはバックルが体に当たって痛いかもしれないけど、持ち方しだいなので。

 

ちょっと肩掛けには、ベルトが短いんですが、上部開口のビジネスバッグとして使うなら、ちょうど良い感じかもって勝手に思ってます。

開口部に付けたドットホックは脱着可能なライナーを想定しての準備ですが、これも間に合わなかったです。

目打ちとか何とな〜く。まっすぐに打てるようになってきたかも?

 

補足。意外と語られない裏技。

f:id:tetsu314:20170507190746j:plain

今回の接着はぜ〜んぶ、このGクリヤーを使いました。いわゆるゴムのりっていうやつ。

この付属ノズルも大活躍してくれましたが、ご覧のようにベトベトが白く硬化してくっ付いてますが。

 

f:id:tetsu314:20170507190745j:plain

ガムテープを貼り付けて剥がすを繰り返すと、意外と簡単にベトベトは取れます。

実は木端に、はみ出たゴムのりもガムテープで綺麗にできます。ガムテープの接着部はゴムのりなので。。。

でも目打ちした穴とか革の継ぎ目とかに入り込んだゴムのりはなかなか取れないですね〜。