心のままに

いつまでも少年のように純粋でいられたら!っと映画「心のままに」のタイトルをパクっちゃいました。趣味を中心に気の向くままに書き綴ろうと思います。

時計のバンド

バンド制作を構想して随分経過してしまった。

ベルトとお揃いのバンドをと思ってはいたんですが、なかなか着手できずに今日までかかってしまいました。

 

f:id:tetsu314:20170805213100j:plain

完成写真はこんな感じです。

 

f:id:tetsu314:20170805213112j:plain

設計は、Adobe illustrator®︎で。

Tgif を卒業した訳ではないんですが、illustratorを覚えなきゃ!!ってんで頑張って触り始めました。

革は昭南多脂ベンズのサドルレザーです。

 

f:id:tetsu314:20170805213111j:plain

ワンポイントの「オックスブラッド」をこの辺に。。。

 

f:id:tetsu314:20170805213110j:plain

あとは、ブラックを重ね塗り。

裏側にあたる折り返しは、革のナチュラル感を少し残してみようかな?と思って染めませんでした。

 

f:id:tetsu314:20170805213105j:plain

折り返して接着しました。

 

f:id:tetsu314:20170805213104j:plain

紙を扱う業界ではなぜか「断裁」(だんさい)っていう。どうでもいい事なんだけど、なぜか毎回気になる。

ここで裁断して形を整えました。

 

f:id:tetsu314:20170805213103j:plain

んでもって、目打ちしまして。

 

f:id:tetsu314:20170805213109j:plain

いつものように、どっちもクリップに挟んで縫いました。

 

f:id:tetsu314:20170805213108j:plain

ほぼ完成です。

ここで、木端(コバ)を磨いて、ラナパー塗って、艶出ししまして。

 

f:id:tetsu314:20170805213107j:plain

穴を開けて、美錠(バックル)を取り付けまして完成です。

ちょっと準備した革が薄かったかな?

縫い目がシワシワな感じ。力を入れ過ぎたかな?

 
 

なぜ、この色なのかと言いますと、実は、随分前にマグナーニのホールカットを購入したんです。確か2015年モデル。オパンケが控えめなやつ。

 

f:id:tetsu314:20170805213102j:plain

これが小豆色と黒(ややグレー)のグラデーションなんですが、この靴に合わせるベルトが見つからない。ないなら作っちゃえっていうのが俺流なので。

 

f:id:tetsu314:20170805213101j:plain

で。

せっかくなので、ベルトに合わせて時計のバンドも。って訳です。

色だけ合わせて、デザイン的には白い縫い目を強調してみました。

 

縫い目は例の鞄の縫い目に共鳴するかも〜〜。って少し考えてます。

ベルトも縫い目を入れた方が良かったかな〜。でもムッチャ大変なので、多分縫わないな〜。